迷惑メールと間違われることも

迷惑メールと誤認されて読まれなくなる

自社商品の宣伝や販売促進を目的としたマーケティングなど、様々な理由でメール配信を活用する企業が増えてきています。このメール配信は、宣伝コストの削減やコンテンツの汎用性の高さなどメリットが多い反面、使い方しだいでデメリットになってしまうこともあります。その一つが受信する側の誤認です。メールの普及に伴う詐欺を始めとした悪質なメール配信が増えたことで、正しい目的で配信されているメールも迷惑メールと認識されてしまうケースが増加しています。受信する側に間違って迷惑メールと判断されブロックされてしまうと、読んでもらう以前に相手の元にメールが届きません。受信者に迷惑メールと誤認されないためにも、タイトルや配信の頻度に注意が必要です。

必要な情報の伝達ミスと未開封になるリスク

メール配信で考えられるデメリットとして挙げられるのが未読スルーです。受信する側によっては一社だけでなく複数の企業から受信して1日に何通ものメールが届くケースもあります。多忙な業務の合間を縫って確認するとなれば、限られた時間で全てのメールに目を通すのは難しいのが実情です。その結果、受信はしてもらえても未読のまま消去されてしまう事例も少なくありません。個人宛の配信の場合、SNSの普及に伴ってメールを活用する人が減っていることでより未読スルーの可能性が高まってしまうのでクーポンの配布などで相手に興味を持たせることが大切です。 そのほかのデメリットとして情報の伝達ミスが挙げられます。これは、受信する側のセキュリティ対策によって、画像の表示や動画の再生に制限が掛けられるといったものです。有益な情報も正しく伝わらなければ意味がないので、マルチパートを活用してデータを送信する工夫が必要になります。