情報発信が早い

遅延や配信上限を気にする必要がない

メール配信はオンプレミスを利用して導入できます。オンプレミスはサーバーにシステムをインストールして使います。こちらは自社サーバーの状況によりメール配信の遅延が発生する可能性が高いです。そのため情報発信をするときに遅れてしまい、いち早く自社商品の案内などができないのがネックです。メール配信サービスは独自のシステムを構築しています。そのためメール配信の遅延などが起こりにくく、素早く顧客に対して最新メールを送信できるのが強みです。自社商品をいち早く顧客に届けることができるので売りどきを逃しません。うまく利用をすれば効果的なセールスをすることができるでしょう。またメールの数ですが一度に配信できる枚数に上限があります。メール配信サービスなら上限が多くたくさんのメールを送れるので便利です。

到達率が高く安心できる

メールを顧客に送ってもそれが届かないときがあります。これは最新情報をいち早く届ける事ができないので注意しておきましょう。例えばスパムメール扱いされてしまうと受信をブロックされてしまいます。できるだけ到達率を上げるのならメール配信サービスは活用できます。メール配信サービスでは複数のIPアドレスを使用して分散配信を行ってくれるのがメリットです。これによりスパム扱いされずにメールが顧客に届きます。さらにエラーアドレスがあったときにも徹底管理を行い1配信あたりのエラー率を引き下げる事が可能です。上記の機能により到達率を上げて上質な情報を顧客に提供できます。早さと正確性を兼ね備えたメール配信サービスは使い勝手が良いです。