運用費用が安い

大量配信なら固定料金制がお得

マーケティングなどで、顧客にメール配信を行うケースがあります。通常メールを送るにはメールの内容を作成してさらに送信先を設定し、そして通信費用をかけて送信する必要があります。通信費用はメール一件当たりのデータ量と送信件数によって変化するので、たくさん送信先があるときにはそれだけコストがかかります。メール配信サービスの中には月額固定で使えるところがあるので、利用を検討すると良いでしょう。従量制や従量と固定が組み合わさったタイプ、そして完全固定料金制があり、その中からそれぞれの送信需要に合わせて選びます。固定制であれば毎月発生する料金が固定されるので、コスト管理がしやすくなるメリットもあるでしょう。

ステップメールで人件費削減

顧客を絞り込むときにステップメールを使うときがあります。まず多くの顧客に対して第一弾のメールを送信し、それに反応した顧客に対して第二弾のメールを送信します。それを続けていくとどんどん絞り込みができ、絞り込んだところで売り上げに直接つながる売り込みをしていきます。通常であれば送信結果などをチェックしないといけないので誰からどんな反応があったかなどを人が行う必要がありました。人件費がかかり顧客を絞り込むのに一定のコストがかかっていました。メール配信サービスの中にはステップメールを自動で行ってくれるところがあり、条件を伝えておけば人を介さずに絞り込みを行ってくれます。人件費に比べると大幅に安いコストで利用できるでしょう。