開封してるかわからない

大量の未読メールの中に埋まってしまう

しばらくの間メールアプリを起動しないだけで、大量のメールを受信していて途方に暮れる経験は誰にでもあることですよね。メール配信はどの企業も行う宣伝ツールのため、想定読者は1日に多くのメールを受信しています。未読メールが大量にたまってしまうと、1件ずつ開封されることはなく、自分にとって重要と思われるメールしか開封されなくなります。

メールを開封してもらうためには、想定読者の目に留まるようなメールタイトルにする必要があり、配信タイミングや頻度も重要な要素です。学生はどの時間でもメールチェックを行うのに対し、主婦は家事が落ち着いた時間帯にしかメールをチェックできないでしょう。また、配信回数が多くなりすぎると重要でない情報と判断されやすく、開封の対象から外れる可能性が高くなります。

メール自体が使われなくなっている

SNSの普及によりメールの確認頻度が減っている傾向があります。さらに、日常的にメールを使わない人も増えています。会員登録時にメールアドレスを登録するケースが多いですが、必須項目のため入力しているだけであって日常的にチェックされないメールアドレスである可能性もあります。確認頻度が低いメールアドレスへのメールの配信は開封されたときにはすでに期限切れの情報になっていることが多く、想定読者の関心が薄れる原因を作ってしまいます。

情報発信の手段をメールからSNSに変更するには新たに顧客から情報提供してもらわなければならず、さらに新規システムを導入する必要があるためすぐに対応できるものではありません。これからもメール配信が情報発信の重要なツールであることに変わりはないため、想定読者に対し効果的にメール配信することが重要です。

メール配信APIでは、配信件数が数万などの大規模な場合でも、管理画面で操作せずに、大量高速メール配信が行えます。